科学教育若手研究会イメージ

会の趣旨

科学教育若手研究会とは?

科学教育若手研究会とは,2008年3月,物理学のポスドク,大学院生達によって自発的に結成された研究会です.教育に強い関心を持つ若手達が,自らの教育能力を高めつつ,博士号取得までに培った能力を活かして活躍できる場を探求し,現場の先生方や教育経験豊富な先生方の助力を受けながら活発な活動を行っています.
活動方針としては
1.若手博士が教育改革においてどんな役割を担えるかを考える
2.若手博士の科学教育に関する認識とスキルとを向上させる
3.科学教育の強力な人的ネットワークを構築する

の3つを基本におき,月に一度,勉強会を開いて,若手メンバー自身がその教育実践を報告したり, 豊富な教育実践, 研究実績, そして素晴らしい教育見解をお持ちの先生方に講演をしていただいています.
  ゆっくりですが,着々と賛同者,参画者を増やしてきており,2008年7月現在,ポスドク会員が14名,大学院生会員が7名,また,協力会員として,現職の高校,大学の先生方,定年されたシニアの先生方が14名参加してくださっています.
私達は力を合わせ,「理科離れ問題」や「ポスドク問題」等の逆境をバネとし,科学教育の発展に寄与したいと考えています.皆様方のご理解,ご協力をよろしくお願いいたします.

教育分野へのキャリアパスを考えるポスドク,大学院生の方へ

科学教育の分野で自らの能力を活かして活躍したいと思っているポスドク,大学院生のみなさん,科学教育若手研究会で共に学び,共に活躍の場を探求していきませんか?
まだ教育への道を進もうか迷っている方も,どうぞお気軽にいらしてください.科学を愛する愉快な仲間たちと出会うことができます.みなさんからの連絡をお待ちしています.

科学教育に情熱を注いでおられる先生方へ

私たちは情熱を持って科学教育に取り組んでおられる先輩先生方のアドバイスを必要としています.また,セミナーや出前授業の依頼も喜んで承っております.本研究会の活動に興味をお持ちの先生方からのご連絡をお待ちしております.

▲ Page Up

ホーム

会の趣旨

会の記録

メンバー

自作教材

イベント

リンク

連絡先
Copy Right (C) 科学教育若手研究会 All Right Reserved. Since 2008